1. ホーム
  2. カード復元Q&A
  3. ≫SDカードの修理と復元の違い

SDカードの修理と復元の違い

2017年4月1日投稿

修理とデータ復元の違いについて

電話で質問された時「SDカードを修理できますか」と言われる方が目立ってきました。

消えたので元(の状態)に戻してほしいという意味合いだと思いますが壊れたカード自体を治すことは出来ません。

思い出の写真や動画と一緒に、カードも直って返ってくると思われる方も多いのですがカードは直りません。
カードはそのまま壊れた状態です。

データ復元とは、思い出の写真や動画が戻ってくるだけです。

修理は物を直すだけ

修理の例ですが、携帯・ビデオカメラ・パソコン・オーディオプレイヤーを修理する時、受付の人が「データが消えますが良いですか」と聞かれることが多いと思います。

修理の目的は機械を治すことですが、データの保持は目的としていないからです。

前述の通りデータ・機械も含め全て元に戻ると思われている方がいらっしゃるので、修理のあとデータが消えた・・・というケースは幾度となく繰り返されています。

修理の前にはデータはバックアップが必要です。
もしバックアップできず大切なデータであれば、データ復元の業者に依頼しましょう。

データ復元はデータを取り出すだけ

データ復元は機械は直しませんが、データだけ呼び出します。

修理の逆です。

SDカードやUSBメモリの場合も同様に、物を直すことは出来ませんが写真・動画・音楽といったデータを呼び出します。

余談ですがメモリーカードが故障した場合、修理なんて出来ません新品と交換です。
メモリーカードの修理上がり品・リファービッシュなんて聞いたこと無いですよね。

復元データをスマホで見るようにしています

新しいカードに戻します

ちなみに、業者に依頼した場合、呼び出された写真や動画はどうやって渡されるかというと、殆どの場合光ディスク(DVD・CDなど)やUSBメモリ、ハードディスクです。

最近パソコンを持ってない方が増えてきました。
以前、インターネット閲覧するにはパソコンが必要でしたが今ではスマホやタブレットがあれば平気な時代です。

光ディスクを渡されても困ってしまう人が多いので当社では、「新しいカード」にSDカードから復元したデータをコピーしてスマホなどで見えるようにしています

と、いうことでチョッと分かりにくいですが修理と復元の話でした。