1. ホーム
  2. SDカードトラブル
  3. ≫削除ボタンを押してしまい慌ててSDカードを抜いて破損した

削除ボタンを押してしまい慌ててSDカードを抜いて破損した

2017.09.21投稿

これから運動会の季節。
この時期になると慣れていないカメラやビデオカメラを使う機会が増えます。
操作が慣れていないことも有りとき間違って初期化(削除)中に(アクセスランプ点灯中)慌ててカードを抜いたという申込みが増えてきます。

今回、その様なケースの時復元結果がどのようになったか案内いたします

初期化中(削除中)カードを抜いてカード破損

カードの写真・動画のデータが破損してしまう。
もしくはスマートフォンやデジタルカメラでカードが破損しましたというエラー表示が出てしまうことが有ります。

SDカードはデリケートな媒体です。
保存ランプが点灯しているとき、カードの抜き差しは行わないようにしてください。

カードを抜くことで最悪認識しなくなるケースも有り、アクセス中カードを抜くのは危険だなと思ったりします。

カードを抜いて写真や動画が消えた

カードエラーの他にデータが消えることもあります。

SDカードは電気によってデータを保存するので、抜き取った時余計な電流が流れデータが消えてしまうことが有ります。
データが残っていることもあれば、残っていないことも有り、実際にカード内部を見たいと分かりません。

何度か抜き差しすれば見えるだろうと思われる方が多いのですが、一番やってはいけないことですのでご注意ください。

初期化中・削除中にSDカードを抜いた時、復元出来ることも有りましたが、復元できないことも有ります。

復元できたケース

実は削除は完了している状態でカードを抜いた

カードを抜いた時のダメージが無く単なる誤削除の復元になります

ただ、削除だけなら大丈夫と思われる方が多いのですが、復元できない機種もあるので注意が必要です。

ダメージは発生しているけど損傷の度合いが低い場合

データを記録する一部がセクターエラー等を起こしているけど、他の大部分が読み取り可能だったため復元がでます。

注意してほしいのは、トラブル発生後カードを抜き差ししたり、フリーソフトなどで無駄にダラダラと復元を行ったりするとSDカードに負荷をかけることになります。

通電することでSDカードは更に状況悪化します

データが見えない状態だがデータは残っていた場合

俗に言う管理情報ナンタラカンタラ系の喪失によるものと思われ安易に考えている方が多いのですが、カード内部が損傷していることも多く有ります。

この場合ネットを参考に作業をすすめると状態はすごく悪化します。
依頼された方でネット情報を参考して管理情報の再構築やら色々な方法を行った場合状況は悪化というか復元できないことのほうが多いです。

ネットの情報を参考に作業を行うことは自己責任です。ご注意ください。

復元できないケース

削除を行うとデータを完全に消してしまう機種で消した

意外と思いますが一部機種の中には削除すると復元できないものも有ります

ショートしてデータがクリアされた

ハードディスクと違ってSDカードは電気でデータを保持しています。
電気で保存されている所に電流が流れば当然データが消えてしまいます。

読み取れなくなった

最悪の状態、物理障害になってしまいデータが読めなくなった。
特にマイクロSDカードの物理障害は復元率が低いのです。

もしデータが消えた、カードが破損した、フォーマットされていませんなどといったエラーが出たら安易にネットの情報を参考にせず、本当に大切な写真や動画なら弊社にご依頼ください

SDカード復元の詳細ページへ