1. ホーム
  2. ≫速達メール便(ヤマト運輸)廃止に伴う代替郵送方法について

速達メール便(ヤマト運輸)廃止に伴う代替郵送方法について

平成27年4月18日追加案内

復旧依頼品の返却について追記いたしましたのでご理解のほどお願いいたします。

当社は2点を満たした条件で返却します。
1.配達記録の付いた発送方法しか行いません。
2.復旧品の破損を防ぐため必ず緩衝材で保護します。

配達記録の付いた郵送方法で返却することで、郵送事故の軽減を目指すと同時に大切な復旧媒体を確実に届けたいと思っています。
そのため配達記録の無い郵送方法で発送は一切行いません。

当社が発送する際は必ず緩衝材で保護を行った状態で発送します。
復旧媒体の破損を防止すると同時に、完全ではありませんが防滴、防塵も考慮した梱包方法を目指しております。

そのため低額な発送方法を希望された場合でも、緩衝材等保護による厚さ、安全性対応が行えないため、お断りすることがあります。

現状多岐にわたる配送方法が存在しますが、上記条件を満たす最適な配送方法で返却を行っておりますのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

———————————————–

ヤマト運輸のメール便が3月末日で廃止になります。

現在復旧可能品の発送において、郵送物が2cm以下の厚みについては当社が送料を負担して参りました。
また今後も同様にサービスを提供する予定です。

それに伴い、期日は未定ですがヤマト運輸の速達メール便から配達記録が付いたポスト投函タイプの郵送へ3月中に切り替えを致します。

詳細につきましては、初期診断報告時のメールで案内致します。