1. ホーム
  2. SDカード復旧事例
  3. ≫ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることが出来ません

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることが出来ません

ファイルまたはディレクトリが壊れている
iPhoneのデータをカードリーダ経由でSDカードにデータをバックアップしていたら急にエラーが発生しました。
コピーしたはずのiPhoneのデータも消えていました。

パソコンで確認したら

場所が利用できません。
アクセスできません。
ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることが出来ません

と表示されてしまいます。

SDカードエラー

SDカードエラー

埼玉県朝霞市からのご依頼です
復旧枚数:277枚
復旧したデータを、DVDにコピー致しました。

iPhoneからSDカードへのコピーでエラー発生の件

家族と一緒にTVのSDスロットで写真を大きく見ようとした矢先の事故のようです。

それにしてもiPadといいiPhoneといいコピーしたら本体も消えたという依頼が多いですね。
アプリが悪さをしているのか分かりませんが1年前から多い傾向です。

今回のエラー原因は、セクターエラーが発生していたからです。

パソコンに詳しい方になるとチェックディスクなどを行う方がいらっしゃいましたが、それだけでは改善しないことのほうが多いです。

以前から申してます通り、ご自身で作業を行う場合は余計な事を行わず、時間をかけずに行ってください。
車のガラスの小さなヒビ割れが一気に広がる様に、データも破損が広がる可能性が有ります。

今回一部破損が目立ちましたが、ご希望された写真も復元でき良かったです。

セクターエラー修復ソフトは時間の無駄です

色々なサイトで修復ソフトを使ったほうが良いという記述があるので、実験的に不良セクターの修復を行ったことが有ります。

海外のソフトで1週間粘って修復を試みましたが出来ません。
軽度~重度のタイプで約5回ほど行いましたが、小さなセクターエラーであっても結果は同じでした。

率直言うと時間のムダでした。

いろいろな情報が多いので復元以外の方法に目移りしてしまいますが、データを取り出すことを最優先に作業されたほうが良いですね。

SDカードの復元を希望されるならアムルにお任せください