1. ホーム
  2. シンプルライフ
  3. ≫断捨離で写真プリントを捨てるのはオススメできない

断捨離で写真プリントを捨てるのはオススメできない

とあるWEBサイトを見ていたらご自身(家族)の写真(プリント)を捨てたという記事がありました。

データをデジタル化したから大丈夫だという話しです。

随分前から断捨離というかミニマリストの記事を見かける事が増えてきました。

布団を捨てる、冷蔵庫を捨てる、究極は家を持たない・家を借りないっていう大気圏突端な感じな方もいて

一部の方ですがのめり込んでいくうちに手段が目的となることが有って、快適に過ごしたくて断捨離していくうちに「物を捨てる」事が目的となっている様に思えるケースも有ります

健康になるためにダイエットを始めていたが 体重が減ることだけが目的となって拒食症みたいになってしまうのと似たような感じがしました

やり過ぎるのは少々問題だなと・・・

最新技術を信頼しすぎないで

データはHDDに保存したのでプリントを全部捨てたと書いてあり。ちょっとそれマズいよなと思ったのです

別に捨てることが悪いとは言いませんが、クラウドやハードディスクなどの機器をあまりにも過信している人がいので今日はプリント写真を捨てないでという話しです。

このホームページでも何回も書いてありますが、SDカードやハードディスクが壊れたり、データが勝手に消えてしうことがあります

データが消えたら何も残りません。

クラウドに保存すれば大丈夫だと思っていても、半年~1年間アクセスしないとデータが消されてしまいます。
※クラウドサービス毎に異なります

それを知らずにデータが消え慌てて SDカードの復元を依頼される方もいらっしゃいます

有ったはずのデータが無かったり、アプリが原因なのか分かりませんが未だトラブルを散見しています。

SDカード、ハードディスクやクラウドは万全ではありません

私は二重にHDDへバックアップを行い、数年おきに保存メディアの変更を行ったりします。
それと主要な写真は追加でクラウドに保存し三重バックアップしています

データ復旧屋をやっているものとしては形の無いもの(データ)ではなく、写真プリントという形で残した方が断然良いと断言できます。

メンテナンス不要、よっぽどのことが無い限り消えたりしませんから。

もし断捨離などするのであれば、断捨離に慣れてからでも遅くはありません。

断捨離もほどほどに

自分の写真であればどうでも良いのですが、家族の写真となると話が変わってきます。

お子さんの思い出は親の物では無く子供のものです。

大人になってから子供時代の写真を使うこともあります。

代表的なのが結婚式で使ったりしますよね。他にも仕事で使うこともあります。

記憶に残っていれば良いってもんじゃ有りません。

これからの時代、一つの会社を勤め上げ定年退職なんて出来ない時代です。

そうなると頼れるのは自分だけ。

今後更にパーソナルブランディングが重要になるかもしれません。

そんなとき昔の写真が全く無いのは寂しいものです。

と、いうことで写真プリントを捨てるのは最後の最後にして欲しいという復旧屋の話しでした。