1. ホーム
  2. SDカード復旧事例
  3. ≫保管していたらメモリーカードの一部(写真)が勝手に消えた

保管していたらメモリーカードの一部(写真)が勝手に消えた

保管していたら勝手に写真が消えた

保管していたメモリーカードをパソコンで確認したら、写真が消えていました。
連続では無く所々消えています。

私のパソコンでは見ることが出来ません。
カメラ店で相談したところ写真が消えているから復旧できる会社に依頼した方が良いといわれ御社に依頼いたしました。
カードのデータは消えないと思うのですが。

保管で勝手に消えた復元結果

一部が消えたコンパクトフラッシュカ
東京都豊島区のお客様からご依頼頂きました。
復旧写真:251枚

復旧結果の紹介
データが勝手に消える現象は、全部消える、特定の種類だけ消える、特定のフォルダだけ消える、今回の規則性が無く所々消えるケースがあります。
消えた現象の場合復旧できる割合は高い方ですが、完璧に消える。データが破損する場合も有りますので一概に復旧の成否は判断できません。

さて今回の場合長期保存と言うことでした。
メモリーカードやUSBメモリーは長期保存をしているとデータが勝手に消えたりします。
色々な要因が有るのでしょうが、メモリーカードに写真を長期保存するのはダメです。
光ディスクやハードディスクなどにバックアップした方が安心です。

今回は復旧できましたが完全に消えていたり、損傷が酷く復旧できないケースも有ります。

このデータが消える現象。一般の方はこの現実を受け止めることがなかなか出来ません。
メモリーカードはのデータは絶対消えないことが前提という考えなので機械の故障や、使い方がまずいとか、端子が汚れているかもといった発想になってしまいます。

そのため何度も繰り返して抜き差しを行い状況を更に悪化させてしまうケースも有ります。
非常に厄介な症状です。

もし消えたかもしれないと思ったら当社までお送り下さい。

それはそうと、毎日SDカードやマイクロSDカードばかり扱っているので、たまにコンパクトフラッシュが届くと大きさに驚きます。