SDカードの物理障害の復元を行っています
  1. ホーム
  2. ≫SDカードの物理障害を復元

SDカードの物理障害を復元

  • 急に反応しなくなった
  • パソコンに接続しても認識しない
  • デジカメやスマホでカードを入れて下さいと表示される
  • SDカードが取り外されましたと表示される

対象メモリーカードの種類

電話番号
お問い合わせ

SDカード初期診断申し込み

復元ページに戻る
トップページに戻る

詳細について

復元期間

約1週間から1ヶ月ほど時間がかかります。
状態によっては更に期間が延びますので、急ぎの対応は出来ません。

物理障害の初期診断

復元可能な写真などのサンプル一覧と、復旧可能な枚数や動画数を提示致します。
論理障害の場合は全ての写真を提示しますが、物理障害ではサンプルとして一部の写真の一覧を案内します。

初期診断費用について

データの呼び出しが出来ない場合、初期診断費用は0円です。
ただ、データの呼び出しが出来てもキャンセルの場合は検査料として2,000円が発生します。

費用が高いので復元するつもりは無いけど、何が入っていたか確認したいという方もいらっしゃいます。
そのため中に何が入っていないのか明言できない方には事前に検査料(2,000円)を入金していただいた後に作業をスタートすることにしています。

また出来ない要求をされる場合は作業を行いません。復旧不可として返却となります。

対応できないケース

・カート内に何が入っていたか分からない。
・どのカードにデータが入っているか分からない。
・初期診断だけ希望したい。
・100%全て損傷無しで復元してほしい。
・短期間で行ってほしい。
・他の会社で物理障害の対応を行いデータを取り出せたが、一部無い写真があるためそれを取り出したい。

物理障害とは

物理障害の復元

当社ではソフト的な操作でデータの救出が出来ない場合を「物理障害」という定義としています。
セクターエラーが発生しても分解などせずに呼び出せれば「論理障害」。内部チップから直接データを呼び出すことを「物理障害」としています。

物理障害の場合カードを分解し、その中に有るデータが保存されているメモリーを取り出し専用の機械で読み取る作業を行います。
マイクロSDカード等に代表される一体型メモリーの場合、カード削るなど行いデータを取り出す作業を行います。

論理障害と物理障害を分かりやすく言うと

物理・論理障害のイメージ

人間で例えると、街のクリニックで診断をして薬で治療するのが論理障害にあたります。
薬などでは治療できず、手術で疾病を治すのが物理障害にあたります。

薬で直すのと手術で治すのでは、費用や期間が異なるのと同じく、論理障害と物理障害では費用も期間も異なってきます。

即日復旧を希望される方もいらっしゃいますが、物理障害の初期診断は、手術の前に入念なMRIなどといった精密検査が必要なのと同様なので、急がれても対応できません。

対応できないケース
  • 他社で物理障害の復旧作業を行ったカード
  • カードが折れている(マイクロSDカードの場合)
  • 犬や子供に噛まれて傷が有る(マイクロSDカードの場合)
  • 水没後、通電した
  • xDカード、メモリースティックは対応できません
  • 何が入っていたか確認したいだけの方

申し込み方法

SDカード初期診断申し込み

初期診断申し込みページから申し込みを行って下さい。
不明な点はメールまたは電話でお問い合わせ下さい。

本サービスは復元を希望される方に行っているサービスです。

初期診断結果で物理障害と判明した場合、物理障害の初期診断を行って良いかメールで復元の意思の確認をしておりますので、その内容に納得された方のみ作業を始めさせていただきます。

なお物理障害の初期診断を希望されても、症状等を勘案し復元の目処が付かない場合、当社の判断で物理障害の初期診断をお断りすることがあります。

Q&A

100%復旧できるのですか

トラブルが発生した時点でデータ損傷が起きていることがあります。
100%全て無傷で取りだして欲しいという要望に応えることが出来ません。

支払い方法について

法人の方は物理障害の初期診断を申し込んでから稟議を出すのでは無く、事前に復旧費用を提示しますので、稟議を通していただいてから申し込みをお願い致します。

クレジット、売り掛けには対応していません。
銀行振り込み、代金引換で支払う形となっております。

急ぎでやって欲しい

物理障害については急ぎ対応できません。
またオプションの優先処理は物理障害には対応できませんのでご了承下さい。